「リフレッシュ休暇」について

こんにちは。
少しずつ、涼しい日も増えてきましたが皆様、如何お過ごしでしょうか?

今回は、「リフレッシュ休暇」という弊社の制度をご紹介します。
こちらは、依然ご紹介したメディコンへの応募からうまれた制度になります。

——————————————————-
過去記事:メディコンについて

メディックスの新規事業提案コンテスト「メディコン」について


——————————————————-

「リフレッシュ休暇」とは、日常生活から離れて心身をリフレッシュし、
更なる飛躍に備えるための休暇制度で、勤続5年ごとに付与される、長期休暇になります。

平日10日間に休日をまとめて、連続で2週間!
GWや夏季休暇、有給等と合わせる場合、最大3週間の休みになります。
長期休暇でリフレッシュすることが目的なので分割や短縮で休むことはできません。

また、「リフレッシュ休暇手当」としてお給料とは別に10万円支給もされます。

素敵な制度ですよね!

「制度があってもなかなか使えないんじゃないの?」
という声が聞こえてきそうですが、こちらの制度の消化率はほぼ100%です!

普段の休暇では行き辛い海外に旅行に出かけたり、

ひたすらゴロゴロしながら過ごしたり、

普段はなかなかできない家族サービスをしたり、

新婚旅行に行ったり、と

使い方は様々ですが、みんな名の通りリフレッシュして休暇後仕事に向かい合っています。
こういうメリハリって大事ですよね。

もちろん2週間休むため、周りのフォローも必要です。
周りの皆が助け合って、迎え出してくれます!

こういう、皆にとって良い制度、働きやすい制度がどんどん増え、
皆が働きたくなるような職場作りを進めていければと思います。

ということで、今回は「リフレッシュ休暇」についての記事でした!

よくある質問にお答えします!

皆さんこんにちは。

早いものでもう9月ですね!
就職活動の調子はいかがでしょうか。

今年度は、昨年度よりも就活を早く終えられる学生さんが多いようです。
みなさん内定先には満足いっていますか?
皆さんはどのような観点で企業をみていますか?

今回は、採用活動の中で学生さんによく聞かれる3つの質問にお答えします!
ぜひ、メディックスを検討する材料の一つになればと思います。

①どんな人が多いですか?
成長意欲が高く内に秘めたエネルギーを持った人。
また、他人を蹴落として自分が一番になってやろう!と考えるのではなく、
自分の目標のために実直に努力ができる人が多いです。

②社風を教えてください。
ボトムアップで自由に意見が言い合える雰囲気です。
議論をする中では、勤続年数、新卒・中途、上司・部下などは一切関係ありません。
もちろん、思ったことを好き勝手に話すこととは異なります。
意見を持った時は、なぜそう思ったのか、どのようにすべきなのかをよく考え、
相手と一緒に真剣に議論、行動することが推奨されています。

③仕事のやりがいを感じる瞬間は?
大きく分けて2つあります。
1点目は、なんといってもクライアントに感謝されたときです。
私たちのビジネスモデルは、クライアントの課題を主にデジタルマーケティングの手法を使って解決する形になります。
短期的なお付き合いよりは、継続的にお仕事をしていくことが多く、
主には1か月ごとに目標を立て、それを達成するために日々取り組んでいます。
継続的にお付き合いをしていくためには、
その目標を達成してクライアントに効果を返し続けなければなりません。
しかし、その分クライアントに感謝をされる機会が多く、
忙しい中でも日々やりがいを感じられることができます。

2点目は、自分の成長を感じられたときです。
デジタルマーケティングの業界は、
日々新しい手法が出てくるため、
学ばなければ多いことが常にあります。

また、特に営業職であるアカウントプランナーは、
分業制をとっておらず、カバーしている範囲が広いです。
企画・提案から広告運用、制作、分析まで全てにたずさわります。
その分とても大変ですが、先月はできなかったことができるようになったり、
昨日は分からなかったことが分かるようになったりと、
日々自分の成長を感じられる環境があります。

今回は、3つの質問にお答えしました。
少しでも興味を持って頂けたら嬉しいです。

メディックスでは、まだまだ説明選考会を開催しておりますので、
皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

メディックスの新規事業提案コンテスト「メディコン」について

非常に暑い日々が続きますが、体調などは崩されていないでしょうか?
弊社の新卒選考会は服の指定等はないので、暑さにやられない格好できて下さいね!

今回は、社内コンテスト「メディコン」について書きたいと思います。

時々、選考会の中で「新規事業に関わりたい」や「新規事業の提案はできますか」といった
お話を頂くことがありますが、何を隠そう、「メディコン」はそれらを実現するためのコンテストです。

一年に一度、年次に関係なく、日々の業務や生活の中で思いついたアイディアを各々がエントリーし、
書類審査が通ったものに関しては、執行役員がジョインし、具現化に向け進めていきます。

つまるところ、ベテラン、中堅、若手の立場なんて関係なく、
皆で真剣に自分たちの会社、未来について考えるという場なのです。

優秀作品は、本人が望めば実際に「事業開発準備室」等を立ち上げ、
発案者の希望に沿う形でビジネス化に向け進めていくことになります。

日常業務が忙しい中、進めていくことなので、
もちろん簡単なことではありません。

それでも、合間の時間を縫って、より良い手法はないか、と考え続けることが、
みんなの士気をを高め、より良い組織へと繋がっていくのではないかと考えてます。

因みに、グループ会社のデータドック社も、
この「メディコン」への提案から始まり、形になったプロジェクトの一つです。

https://www.datadock.co.jp/

他にも、広告領域で培った提案力・実行力を活かし、
各社のEC事業コンサルティングに特化した組織も、メディコンがきっかけで立ち上げられました。
メーカーのクライアント共に商品企画から携わったりすることもあります。

https://www.medix-inc.co.jp/service/ec-consulting/

また、今年度の「メディコン」では、2年目の若手が1人でエントリーし、審査通過していました。

このように社員皆が、より仕事をしやすい環境、モデルを創出し、
「この会社で働いていて良かったな」、と思えるメディックスにしていきたいと思っています。

ということで、今回は「メディコン」について書いてみました!

社員総会及び、新入社員歓迎会

こんにちは!
4月になり、新年度が始まりましたね。

メディックスでは、今年は新入社員17名を迎え、
2018年度のスタートを切りました!

先日、4月3日(火)に、全社で社員総会と新入社員歓迎会を実施しました。

代表の水野をはじめ、各部門より前期の報告や、
競合も売り上げを伸ばしている中で、どのように差別化し戦っていくか、
長期的にみた時に、どのような形を目指していくのか等が語られました。

新入社員にとっては、
今後、自分たちの働いていくイメージが具現化され、
良い機会になったのでは、と思います。

プログラムの最後に、新入社員が全社員の前で自己紹介をしたのですが、
人事部としては、約一年前の説明会から共に歩んできた学生たちが、
いよいよ社会人としてのスタートに立ち、緊張しつつも、堂々とした姿をしており、
とても頼もしい気持ちになりました!

<新入社員挨拶の様子>

新入社員の皆はこれから、約半年研修を受けていきます。

半年後、彼等がメディックスの一員として成長し、現場に出て
先輩たちと一緒に働く姿を見ることをとても楽しみにしています。

そして、また来年も今年以上にたくさんの新入社員に会えるように、
たくさんの学生さんとお会いし、お話をしたいと思っています。

興味を持ち、サイト訪問してくれたあなた、
お会いできるのを楽しみにしております!

Webマーケティング情報サイト『ウェブ部』について

メディックスでは、“成果の上がるWebマーケティング情報サイト”として、
『ウェブ部』というブログサイトを運営しており、様々な領域のお役立ち情報を発信しております!


https://webbu.jp/

フィード広告、リスティング広告、ウェブ解析、サイト制作、
それからマーケティングオートメーションといった
Webマーケティングの幅広い様々な情報が、定期的に更新しています。

業界関係者や、お客様にあたる企業のマーケティング担当者様から
反響を頂くこともあり、読者数も順調に推移しております。

これらの記事は、弊社内の各分野のプロフェッショナル達が、
カテゴリ毎に順番で記事を書いています。

webマーケティング業界は、本当に情報量が多く、日々新しい情報が更新されていきます。
その中で、重要なポイントをピックアップし、弊社の実績やノウハウを交えながら公開し、
ウェブ部の読者に、弊社への興味をもってもらえれば、という意図で続けています。

現在、就職活動をされている皆さんには、聞き慣れない単語も多いのではないでしょうか?
これは比較的基礎知識のある、前述のようなユーザーに読んでもらうことを意図しているからです。

広告も同じですが、情報を伝えたいターゲットに対し、
明確に正しく、求められている水準で伝えることはとても大切なことです。

直近の記事は、皆さんの身近にある「LINE」の広告について書いております。

LINE Ads Platformとは?その概要と最新のトレンドをご紹介

どのような広告があり、
どのようなユーザーがいて、
どのような配信ができて、
どのような広告主に向いているのか、
どのようなことに注意すれば良いか、等を記事を通じて発信しております。

皆さんの身近にも、たくさんの広告があふれています。
意外と面白い発見があったりするので、まずは意識してみることから始めてみては如何でしょうか?

twitter(ウェブ部/@webubu)やFaceBook上(ウェブ部/@webbu.jp)にて、
記事更新時や、セミナーを実施する際には、情報を更新してます。
webマーケティング業界で就職活動を考えている人は、
隣のあの学生の一歩先を行く、重要なツールになるかもしれません。

興味ある方は是非、フォローしてご覧になってみてください!

いよいよ就職活動解禁になりました!

こんにちは!
少しずつ暖かくなってきて、春を感じる季節になってきましたね。
3月ということで、いよいよ就職活動解禁になりました!

このタイミングで初めてブログにきて頂いた学生さんも多いかと思います。
今後、こちらでメディックスを知ってもらえるような情報を
紹介していければと思うので是非チェックしてみてください!

これから就職活動が本格化しますが、皆さんはもう準備はできていますでしょうか?
おそらく、先の見えない状況で不安いっぱいかと思います。
是非、できるだけたくさんの会社を見てみて下さい!
そして、この先、自分が働く会社を納得した上で選んでほしいと思っています。

10年後、どんな仕事をしていたいか、引いてはどんな人間になっていたいか、
そんな将来の自分を具体的にイメージすることから始めるのもいいかもしれないですね。

以下より、エントリー及び説明会申込みが可能です。
サイトを見て、興味を持って頂いた方は、是非説明会にいらしてみて下さい。

たくさんの学生さん達とお会いできるのを楽しみに待っています。

▼エントリー
https://job.rikunabi.com/2019/company/r135700062/entry/B001/

▼説明会申込
https://job.rikunabi.com/2019/company/r135700062/seminar/C001/

部活紹介

早いもので、もう12月ですね!
まだ暖かい日も多く個人的には、年末感があまりないのが正直なところです。

今回は、弊社の部活動についてご紹介できればと思います。

社員同士のコミュニケーションをより円滑に、という意図で始まった、
メディックス公認の部活動ですが、今年度は9つの部が存在します!
一回につき、一人2,000円まで会社から補助金がでますので、
家庭もちでお小遣い制のメンバーも、個人の負担少なく活動できます。

ただ、以下のルールが各部員たちの前に立ちはだかっています!

・部員は最低10名以上(9名以下は廃部)
・参加率50%以下の部員は除名
・年4回以上の活動

これらの条件を毎年クリアしている伝統の部活は4クラブです!

========================================================
フットサル部、ゴルフ部、アニソン部、山ごはん部
========================================================


山ごはん部のチーズフォンデュやらアヒージョ、おいしそうですね!

そして、今年も以下の新規部活が立ち上がり活動をしています。
果たして、条件を満たし、来年も継続できるのでしょうか?

========================================================
ボーリング部、カメラ部、芸術鑑賞部、エンタメ部、テニス部
========================================================

メディックスも年々人数が増え、組織が拡大化していく中で、
日常業務ではあまり接することのないメンバーもいたりしますが、
部活を通し、年齢、役職、性別、部署を越えて楽しんでいる姿をみると、
本当に、とても良い取り組みだと思っています!
同じ趣味を皆で共有できるって素敵ですね!

学生時代、夢中になり、がんばったアレやコレ、
面接の場でも、大いに語って皆さんのこと、是非教えてください。
楽しみに待ってます!

Webマーケティング情報サイト『ウェブ部』について

メディックスでは、成果の上がるWebマーケティング情報サイトとして、
『ウェブ部』というブログを立ち上げ、様々な領域のお役立ち情報を発信しているのですが、
皆さんは、こちらのサイトのことをご存知でしょうか?

https://webbu.jp/

フィード広告、リスティング広告、ウェブ解析、サイト制作、
それからマーケティングオートメーションといった
Webマーケティングの幅広い様々な情報が、定期的に更新されています。

業界関係者や、お客様にあたる企業のマーケティング担当者様から
反響を頂くこともあり、読者数も順調に推移しております。

これらの記事は、弊社内の各分野のプロフェッショナル達がカテゴリ毎に、順番で記事を書いています。
webマーケティング業界は、本当に情報量が多く、日々新しい情報が更新されていきます。
その中で、重要なポイントをピックアップし、弊社の実績やノウハウを交え公開していき、
読者に、弊社への興味をもってもらえれば、という意図で続けています。

聞き慣れない単語や、横文字が多かったりしますが、
これは比較的基礎知識があり、前述のようなユーザーに読んでもらうことを意図しているからです。

広告も同じですが、情報を伝えたいターゲットに対し、
明確に正しく、伝えることはとても大切なことです。

「広告クリエイティブ」のカテゴリ等は目に見えてわかるものなので、
皆さんも、興味を持っていただけるのではないでしょうか?
意外(!?)な事実もあったりします。

[ウェブ部/広告クリエイティブ]カテゴリ
goo.gl/eVf45z

twitter(ウェブ部/@webubu)やFaceBook上(ウェブ部/@webbu.jp)にて、
記事が更新されたれり、セミナーを実施する際には、情報が更新されます。
webマーケティング業界での就職活動を考えている人は、
隣のあの学生の一歩先を行く、重要なツールになるかもしれません。

興味ある方は是非、フォローしてご覧になってみてください!

お勧め!オフィス近辺のランチ事情

立冬も過ぎ、朝晩寒い日が増えてきましたが、
学生の皆さんは、学園祭などで忙しい時期でしょうか?

今回は、メディックスのランチ事情を少し書いてみようかと思います。

現在のメディックスの立地は、新橋、銀座、築地がほぼ徒歩15分圏内で、
時間があれば、毎日異なる店でも行き切れない程、たくさんの店に囲まれています。

とはいえ、なかなか時間が作れないことも多いので、近くのお店で済ますことも少なくありません。
そんな時に便利な近くのお店をいくつか紹介してみようと思います。

【リムクラッソ】

弊社オフィスの入っている、ビル一階にあるレストランです!
先日リニューアルしたばかりなのですが、自然野菜を中心としたビュッフェ形式になっており、
普段、あまり見かけない、様々な珍しい野菜等が食べ放題です!
こだわりのドリンクも飲み放題なので、食後もゆっくりティータイム。

【築地・汐留のライブハウス&レストラン BLUE MOOD】

こちら、夜は音楽を楽しむお客さんでいっぱいになるお店です。
お昼は、近くのオフィスの社員でいっぱいになっています。
稀に、お昼でもステージでジャズライブをやってたりして、
お洒落な雰囲気ですが、こちらのお店の見所はステーキです。
比較的安価で、150g~300gまで選べるボリューム満天のステーキ!
これで午後からも一踏ん張り。

【日替わりキッチンカー(移動販売)】

弊社ビルの道を挟んで向かいに来る、キッチンカー!
個人的にはこれが好きでよく利用してます。
日替わりで、本格的なアジア料理や、中華料理、丼もの等、ワールドワイドな料理が楽しめます。
こちらでお弁当を買って、弊社リフレッシュルームでわいわい食べる人もいます。

如何でしょう、行ってみたいお店はありましたでしょうか?
就職活動等で近くに来た際は、ふらっと休憩がてら、よってみては如何でしょうか。

メディックスの関連会社データドックについて

こんにちは、急に寒くなってきましたが皆さん如何お過ごしでしょうか?

本日は、メディックスの関連会社である、
株式会社データドックについて少し書いてみようと思います。

メディックスには、年に一度皆が参加できる“メディコン”という、
新規事業の提案ができる、エントリー制のコンテストがあります。
実は、データドックは、その“メディコン”で評価され実現した事業になります。

データドックでは現在、新潟県の長岡市に、
データマネージメントビジネスの拠点となる最新型のデータセンターを建設しております。
冬の間に積もった雪をサーバールームの冷却に利用し、通年を通して
機械冷房をほぼ稼働させないエコなデータセンターを実現させて、
CO2の大幅削減を実現しようとしてます。

さらに排出される暖気をハウス栽培に利用することで
効率なエネルギーの循環を実現していく予定をしています。
このような商用施設は日本初で、業界でも大きな注目を集めています。

詳しくは以下サイトにありますので、是非ご覧下さい。

https://www.datadock.co.jp/

そんなデータドッグですが、本年3月に着工し、
2018年1月からのデータセンターのサービスインに向け、着々と工事が進んでいます。

10月末に完成予定で、このようなデータセンターができる予定です。

このように、メディックスの制度を利用し、様々な新しい挑戦をしている先輩もいます。

データドックは、理想的なデータ分析環境を築くには、今までの「守る」という思想ではなく、
「最初からデータ利活用を前提」として構築されたインフラ環境がなくては実現が難しいという発想で起業した会社です。
サービス提供が始まると、今まで誰も想像していなかったような、
新たな提案がメディックスから生まれる可能性も充分に考えられます。

メディックスがデジタルマーケティングのコンサルティング事業を通じて標榜してきた、
「より本質的にクライアントのビジネスに貢献するパートナー」の実現を、
データドックと連携しながら、目指していければと考えています。