よくある質問にお答えします!③

みなさん 寒い日が続いていますがお元気でしょうか。

私は元気ですが、社内では風邪が流行っています。

早く暖かい春を迎えたいですね・・・

今回は、採用活動の中で学生さんによく聞かれる質問にお答えします!
ぜひ、メディックスを検討する材料の一つになればと思います。

<<メディックスの特徴はなんですか??>>

特徴は細かいお話しであればいろいろありますが、今回は2つお話ししたいと思います。

①デジタルマーケティングで提供できるサービスの広さ

デジタルマーケティングの業界に分類される会社は、今や数千、数万とありますが、

ポイントソリューションの会社が多いです。

ここで言っているソリューションとは、SEO、リスティング、アフィリエイト、SNS広告、バナー広告などのことです。

SEO専門の会社やリスティング専門の会社など多く見かけます。

しかし、メディックスでは取り扱うソリューションに制限を設けず、

クライアントの課題解決に必要であるならばなんでも提案できるようにしています。

また、取り扱いメディアに関しても制限を設けず、クライアントに必要なものは何でも取り扱います。

なぜなら、ソリューションはそれぞれ得意とする領域が異なるため、

クライアントの課題に対して柔軟に最適なものを使用し、効果を最大化することを目指しているからです。

メディアに関しても、使用する人や年齢、性別などの傾向やそれぞれの機能も異なるため、ソリューションと同じことが言えるでしょう。

②独立系

デジタルマーケティングの業界では、どこかの子会社という企業が多いですが、

メディックスには、親会社や広告系の関連会社はありません。

これを聞いて不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし独立系というのは、他社と戦っていけるだけのメリットがあります。

大前提として、デジタルマーケティングの役割は、広告の中でも販売促進の役割を担っており、

販売促進では、予算に対してどれだけ売り上げを上げられるかという結果が重要になってきます。

そのため、クライアント企業が代理店を選ぶ際に見るポイントは、どれだけ自社の売り上げを上げてくれる会社なのかという点なのです。

そのため、独立系で大きな会社の後ろ盾がなくとも、実績で選んでもらうことができるのです。

そしてメディックスが考える独立系であるメリットは、

独立系により他社とのしがらみがないため、フラットに使うツールやメディアを選ぶことが可能になり、クライアントにとってより良い提案をできることです。

メディックスの他社との違い、ご理解いただけましたでしょうか。

ぜひ他の会社でも聞いてみて頂ければと思います。

また、今回のお話しで浮かんだ疑問や、質問があればぜひメディックスの説明選考会で直接聞いてみてください!

2月から説明会の開催が始まりますので、皆さんのご参加をお待ちしております。

よくある質問にお答えします!②

皆さんこんにちは。

大学生はもうすぐ冬休みの時期ですね!
2020年卒の方は、秋のインターンが終わり冬のインターンに向けてESを出したり、面接をしている頃でしょうか。

説明会や面接に参加すると質疑応答の時間がありますね。
今回は、私が説明会や面接時に何百回も聞かれた、就活生みんなが知りたい質問にお答えしたいと思います!

①一人が担当する案件数は??
こちらは、平均6,7社となります。

ただ、あくまで平均になります。
予算が大きなチーム案件等に関わったりしていると、やらなくてはいけない仕事も多く、2,3社のみという人もいます。
逆に複数担当しやすい業界のクライアントだと、10社20社担当する場合もあります!

②1つの案件の期間はどのくらいですか??
期間は基本的には無期限になります。
といってもピンと来ないかもしれません。

こちらを理解して頂くために、デジタル広告の役割を説明したいと思います。

広告には、大きく分けて2つの役割があります。

1つ目は、商品や会社を知ってもらうための認知ブランディング。
2つ目は、売り上げを上げるためのダイレクトレスポンスを期待する、販売促進。

1つ目の認知ブランディングはCMや新聞、雑誌が得意としています。
こちらは、イメージしやすいのではないでしょうか。
商品をより広く多くの人たちに知ってもらうためにポスターやCM広告を季節やキャンペーンごとに流しています!

1つ目に対して、2つ目の販売促進はデジタル広告が得意としています。
ターゲットとなるユーザーに絞って広告を配信し、購買してもらうために半永久的に行います。

メディックスは、販売促進を得意とするデジタル広告の会社なので、
一度お付き合いが発生したクライアントとは、基本的にはメディックスが広告効果を返し続けている限り取引が続きます。
もちろん、ずっと同じ作業をしているわけではなく、社会の変化や競合企業の動き等に合わせて方向を転換しながら行っています。
ただ、担当が変わることはあるので、ずっと同じクライアントを担当し続けるとは限りません。

通常は、1か月ごとに予算と目標を貰い、企画を考え、日々の広告運用を経て結果を報告し、次の月の提案をします。

今回は、2つのご質問にお答えしました!
少しイメージは沸きましたでしょうか??

広告業界を見られている方がいましたら、
せひ他の会社の説明会などで、同じ質問をしてみてください!

よくある質問に答えます!~①新人研修編~

こんにちは、今日は学生さんからよく頂く質問に少し踏み込んで、
皆さんに入社後のイメージを膨らませて頂ければと思います。

質問
====================================================================================
広告業界に興味を持っているのですが、マーケティングの勉強をしたことはありません。
大丈夫でしょうか?(大学3年 男性)
====================================================================================

こちらに関しまして、全く問題ありません。知識や資格があるに越したことはありませんが、
入社後の研修(約400時間)で座学やワークを通し、体系的に学んでいく時間を設けています。

メディックスのアカウントプランナーは、いわばプロデューサーとしての役割を果たします。

デジタルマーケティングの総合的知識を持ったプロフェッショナルとして、
集客、制作、解析・分析、CRMといったマーケティング活動全体を設計し、
すべてをワンストップでコントロールできるような人材になってもらうことを求めています。
それに必要な知識を得るための土台として、研修に力を入れ学んでもらいます。

以下、いくつか研修内容をピックアップして紹介させて頂きます。

====================================================================================

①初期導入研修
こちらが所謂、一般企業でいう新入社員研修に近い内容となっております。
ビジネスマナーから、パワーポイント、エクセルの使い方、
デジタルマーケティングの基礎となる広告論等について学ぶ研修となります。

②リスティング広告研修
「リスティング広告とは何か?」というところから、提案、入稿、運用、レポーティングまで、
一人で運用全般をおこなえるところまで研修を通して学びます。

③広告クリエイティブ研修
世に溢れている広告クリエイティブに関して、
どのような訴求がユーザーに響くのか、弊社の過去の実績を交えながら学びます。

④アクセス解析研修
近年では導入することが当たり前になってきたwebサイトの解析ツールについて学ぶ研修になります。

⑤法規
広告にも守らなければいけないルールがあります。関連する法律を学び、
クライアントに、より正しい提案、コミュニケーションが取れるように学んでもらいます。

上記以外にも、月に一度ロープレ大会を実施し、優勝者には豪華なお食事会!

====================================================================================

上記がすべてではありませんが、研修に約半年(4-9月までの半年間と広告業界有数の手厚さ)、
しっかり時間をかけ、入社してきた皆さんが、社会で活躍する環境を整えられていると自負してます。

「興味はあるけど、マーケティングについてあまり分からないから…」と、
躊躇している学生さんがいらっしゃるのであれば、是非挑戦してみては如何でしょうか。