メディックスの新規事業提案コンテスト「メディコン」について

非常に暑い日々が続きますが、体調などは崩されていないでしょうか?
弊社の新卒選考会は服の指定等はないので、暑さにやられない格好できて下さいね!

今回は、社内コンテスト「メディコン」について書きたいと思います。

時々、選考会の中で「新規事業に関わりたい」や「新規事業の提案はできますか」といった
お話を頂くことがありますが、何を隠そう、「メディコン」はそれらを実現するためのコンテストです。

一年に一度、年次に関係なく、日々の業務や生活の中で思いついたアイディアを各々がエントリーし、
書類審査が通ったものに関しては、執行役員がジョインし、具現化に向け進めていきます。

つまるところ、ベテラン、中堅、若手の立場なんて関係なく、
皆で真剣に自分たちの会社、未来について考えるという場なのです。

優秀作品は、本人が望めば実際に「事業開発準備室」等を立ち上げ、
発案者の希望に沿う形でビジネス化に向け進めていくことになります。

日常業務が忙しい中、進めていくことなので、
もちろん簡単なことではありません。

それでも、合間の時間を縫って、より良い手法はないか、と考え続けることが、
みんなの士気をを高め、より良い組織へと繋がっていくのではないかと考えてます。

因みに、グループ会社のデータドック社も、
この「メディコン」への提案から始まり、形になったプロジェクトの一つです。

https://www.datadock.co.jp/

他にも、広告領域で培った提案力・実行力を活かし、
各社のEC事業コンサルティングに特化した組織も、メディコンがきっかけで立ち上げられました。
メーカーのクライアント共に商品企画から携わったりすることもあります。

https://www.medix-inc.co.jp/service/ec-consulting/

また、今年度の「メディコン」では、2年目の若手が1人でエントリーし、審査通過していました。

このように社員皆が、より仕事をしやすい環境、モデルを創出し、
「この会社で働いていて良かったな」、と思えるメディックスにしていきたいと思っています。

ということで、今回は「メディコン」について書いてみました!