L_3

メディックスのワークスタイル:完全フレックスタイム制

こんにちは。メディックス採用担当の馬場です。

今回はメディックスの勤務体系「完全フレックスタイム制」についてご紹介します。

フレックスタイム制度とは、最近、導入されてる企業も増えてきたので
ご存じの方も多いかもしれませんが、簡単にご説明すると、
あらかじめ決められた時間帯の中であれば始業と終業の時刻は労働者本人で決めていい
という制度です。
導入企業の中では、必ず出勤しなければならない時間帯(コアタイム)を
設けているところもありますが、メディックスはコアタイムもありません。

ってことは、毎日お昼過ぎに出社してもいいってこと?
いいえ、そういうことではありません。

そこはメディックスの掲げる理念「自由と責任、信頼」が関連してきます。
フレックスタイムという「自由」の場はありますが、
クライアントへの「責任」、「信頼」を第一に考えて仕事をしているため、
社員のほとんどが、クライアントの始業時間に合わせて毎朝10時までには出勤しています。

そして、帰る時間についても上記の考え方の下、各自で調整しています。

ここ数年の間で、世の中的にも夜遅くまで働くことを見直す声が高まり、
「朝活」がブームと言われてますが、
メディックス内でも仕事の効率化や健康面を考えて早朝出勤する社員も増えてきました。
中には始発で通い、朝6時には仕事を開始してる社員も!

定時は設けられていないので、その分早く帰る。
フルフレックスだからできること。

1日は24時間。

できることは限られているから、会社都合を必要以上に押しつけたり、
お互いを拘束したりするのは、もったいない。

そんなふうに、わたしたちは考えています。