社会人の休日について

昨今、働き方改革やワークライフバランス、ワークアズライフなど、
多様な働き方が重要視されていますが、皆さんは、どの様な社会人生活をイメージしているでしょうか。

今回は、社会人の休日に関してお話ししたいと思います。

メディックスは土日祝日と年末年始が休みに定められており、休日は年間約125日です。
土日の出勤は推奨されておらず、出張やコンペ前でどうしても出勤しなければならない場合、
上司に許可をもらい、代休の申請をしなければいけません。

プライベートも充実させて、仕事と休みのメリハリをつけることで、
仕事に身が入り活躍している人は多いです!

もちろんカレンダー通りの休み以外にも、有給休暇が付与されます。

有休・・・皆さん耳にしたことはあるかと思いますが、
どのような制度なのか改めてご紹介します。

有給休暇とは、本来労働義務がある日に労働を免除されることで働かなくてもよい、法で定められた休暇になります。
一言で言ってしまうと、『休んでもお給料が発生する日』ということですね!

気になるのは実際に働く上で一年で何日有給がもらえるかですね・・・

法律では、勤続年数により付与される日数が異なります。
勤続年数が6ヵ月ではじめて10日間付与されます。
その後、1年6ヵ月目にはプラスで11日間、2年6ヵ月では12日間、3年6ヵ月では14日間と、
勤続年数が増えるほど付与される日数も増えていきます。
※フルタイム勤務の場合になります。

有給の期限は2年間となっているので、計画的に使えば旅行なども行けますね!

来年から有給取得日数の義務化がされ、規定日数を満たさない企業に対しては罰金が科せられることとなりましたが、
メディックスの有給取得率はどのくらいなのでしょうか。

厚生労働省の調査によると、一般的には49.4%で、100~299人規模の企業では46.5%です。
メディックスの取得率はというと61.8%と、同じ規模の会社の中でみても一般的にみても、平均以上という結果でした!

もちろんもっと上げていかなくてはいけませんが、
激務なイメージを持たれる広告代理店ですが、休みにくい雰囲気はないといえるでしょう!

この記事を書いている私自身、実は入社7か月の新人ですが、
11月は有給を利用して関西に旅行に行ってきました!

写真は、滋賀の余呉湖と京都の清水寺です!

メディックスにはほかにも、リフレッシュ休暇という制度があります。
以前ブログで取り上げているので、そちらもぜひ読んでみてください!

——————————————————-
過去記事:リフレッシュ休暇について

「リフレッシュ休暇」について


——————————————————-

みなさんもぜひ企業を探す際には有給取得率をチェックして、
素敵な社会人生活を実現できる企業を選びましょう!!