WS000000

メディックスの事業内容について

今回は、事業内容について簡単にですがお話しさせていただきます。

企業がウェブ上でマーケティング活動を行うにあたり、様々な問題が発生します。

・ウェブ上で新商品のプロモーションを行いたいが、効果的な集客方法を知りたい
・サイトリニューアルをしたいのだけど、どこをどう変えていいのかわからない
・オンラインショップでの売り上げをあげるために、効果的でないページを知り、改善につなげたい。

などなど、いろんな課題に対して、
ウェブアクセス解析を軸にして、コンサルティングを行い、クライアントのウェブ上でのマーケティング活動を支援・プロデュースしていく、それがメディックスの事業内容です。

具体的には、
・インターネット広告の代理店業務
・インターネット広告の企画・制作
・Webアクセス解析のコンサルティング・導入・設計
・Webサイトの構築
などなど。

※提供サービスはこちらのページに詳しく記載がありますので、ご覧ください。

企業に対するマーケティング計画・プロモーション計画・広告戦略の企画・提案と、それに関わるクリエイティブおよび代理店業務が中心ではありますが、ウェブだけでなく、紙媒体とのプロモーションや、リアルイベントの提案なども行うこともたびたびあり、扱える領域は多岐に渡っています。

クライアントの本質的な課題解決につながるのであれば、方法は自由なのです。

裏を返すと、クライアントのことをよく理解しないまま、ただ単純に広告枠を提案したり、日々登場する新しいツールの導入推進をすることをメディックスでは良しとしません。
「この商品を今月○○件売らなくては…」というノルマも一切ないので、クライアントのために本当に効果的なサービスを提供することができるのも強みの一つであります。

解決策は何十、何百パターンとある中で、アカウントプランナーがじっくりクライアントに向き合い、一番最適なご提案をし、実行していくのがメディックスのスタイル。

次回は、その下支えとなっている理念についてのお話をさせていただこうと思います。