rinen

メディックスの企業理念 ―自由と責任、そして信頼―

今回は、メディックスの「理念」を少しご紹介させていただければと思います。

わたしたちは、世の中の企業から
いちばん頼りにされるデジタルマーケティング会社であるために
大事なことは何か、常に意識し続けています。

そのために、根幹となっている企業理念は

「自由と責任」そして「信頼」

ということばです。

マーケティング会社であるゆえ、お客様も様々な業種に渡っています。
そんなクライアントの要望は様々で、わたしたちはそのニーズに着実に
応えようと、日々頭をひねらせています。

そのためにメディックスが大切な条件だと考えているもの、
それが「自由」です。

それは、ただ単に好き勝手にやればいい、という自由とは違います。

ルールや固定観念にとらわれない姿勢で、
クライアントの問題解決に取り組み、最高の解決策をご提供する。

そのために、
自分が果たすべき「責任」にきちんと向き合い、そして、
クライアントを理解し、問題解決に真摯に取り組むことで「信頼」 を得る。

深い理解と、自由と責任の上に立つ、信頼関係。

そのような考えのもとで、わたしたちは仕事をしています。

ですので、わたしたちは
『自ら考え、意見を持ち、発言し、一緒になって足りていない部分を作っていく。』
このような方と一緒に働いていきたいと思っております。

メディックスは従業員が170名ほどの、規模としては決して大きくはない社ですが、
それ故にメンバーと社長との距離・上司との距離がとても近いです。
なので、例え入社一年目の社員でも、会社や上司に対して意見を言うことは珍しくありません。
そしてその意見が正しいければ、否定せず受け入れてくれるのです。

それは、お互いに「信頼」があるからこそ、できるのではないかとわたしは思っています。