date

アカウントプランナーとデータ解析のお仕事について

メディックスは半数以上の社員が「アカウントプランナー(企画営業職)」職に就いています。

「企画営業職」とも呼ばれていますが、他の会社と違うのは、ただモノやサービスを売ってくる営業ではないことです。

メディックスのアカウントプランナー(企画営業職)の仕事は、
データ/アクセス解析の仕事と密接につながっています。
インターネット上の広告は掲載されたらそれで終わりではなく、
広告がどれくらいクリックされ、クリックされたあとに実際に商品購入や資料請求などに至った人が
どれくらいいるか、それはどんな人なのか、などなど細かく分析、解析することができます。

なので、より効果を出すための広告施策をクライアントから求められますので、
アカウントプランナーにも「分析」や「解析」に関する一定のスキルが求められます。

また、広告以外でも、今あるサイトをリニューアルしてほしい、とお客様から依頼があった場合には、
どこのページがアクセスされているか、またアクセスに至るまでどんなページを経てきたか
などのデータをもとにより、ユーザが使いやすいサイトに作り替える提案ができます。

「分析」と聞くとデータ(数字)と格闘する、など難しそう、、と思われるかもしれませんが、
データをもとに、どれだけイマジネーションを働かせることができるか、が一番大切。
広告をクリックした人、そのサイトに来た人ががどんな心理で購入までに至るのか、
次にどんなステップがあればもっと購入者は増えるのか、
などなど、想像しながら仮説を立て、次の提案へ活かすのです。

メディックスは、今後もより一層、データ/アクセス解析に力を入れていきます。
面白そう!こんな仕事をしてみたい!など思ったかたはぜひとも説明会に参加してくださいね。