MESSAGE

採用メッセージ

学生のみなさんへ

代表取締役 水野 昌広

私達が身を置くデジタルマーケティングの世界では、新しい技術やサービスを追い求めるあまり、
本来あるべき「お客様のことをだれよりも理解して最適な提案をする」ということが置き去りにされかねません。

私達が大切にしているもの、それは深い理解と自由と責任の上にたつ、信頼関係。もちろん、社員に対しても同じです。

オフィスでよく耳にするのは、「あなたはどうしたい?」という言葉。

トップダウンではなく、それぞれのメンバーが「こうしたい、こうすべき」と考え、意見し、
議論するシーンを数多くつくりだすこと、それが成長の機会を生み、改善へとつながると信じているからです。

つまり、私たちが掲げる自由は単なる気ままではありません。

例えば、勤務時間を規定しない裁量労働制は、クライアントや仲間との約束を果たすために必要なことは何かを考え、
しかるべき準備を怠らない責任感と強い意志力があって、はじめて成立する自由な働き方のひとつです。

個人を尊重し、権限を委ねてこそ成長し発揮される人の力と、
売上よりもクライアントの満足を重視する風土とが融合してはじめて、
メディックスという会社が、クライアントから格別な信頼を得られてきたのだと、私たちは思っています。

弊社の理念である「自由と責任、そして信頼。」

この言葉の真の意味を理解し、そのうえで私達の考えに共鳴していただける
学生の方にお会いできるのを楽しみにしています。

メディックスに興味を持っていただいた
学生のみなさんへ

新卒採用チーム

私たちは、ビジネスマンは、全員プロフェッショナルである、と考えています。

どんなプロになりたいのか、5年後、10年後どんなプロと言われているのか、
そんな想像をしながら就職活動に望むとぐっと視野は広がると思います。

もちろん、人によって夢や価値観は違うので、押し付けることはしません。

メディックスが約束できるのは、プロとして自立した環境が提供できること。

自分が本気でやりたいと思えば、実現できる環境がメディックスにはあります。
年次や役職を問わず思ったことを発言する自由があります。ただ、いわゆる評論家的な発言は良しとしません。
すべてを自分事と捉え当事者意識を持つ責任がセットでついてきます。

上司から言われたことを淡々とこなしていればOK、自分の業務以外のことは関係ない。
という方には残念ながらメディックスは合わないかもしれません。

仕事を通じて成長したい。早く一人前のプロになりたい。

そんな方は、メディックスはきっと合っていると思います。

就職活動は内定をもらうことがゴールではありません。自分のこれからの『働き方』や『生き方』について真剣に考え、
どんな会社で働くべきなのか、しっかり見極めることに費やしてほしいと思います。

その結果、メディックスを選んでいただけたら大変うれしいです。