カスタマージャーニー
ワークショップサービス

BtoB特有の購買フローに対応した
実行力のあるマーケティングプランにつながります

カスタマージャーニーマップとは、顧客の購買プロセスを線でつなぎプロセス全体でマーケティングを考えるアプローチです。売り手側の視点ではなく、ユーザー視点で行動や思考・感情を可視化します。メディックスでは、BtoB特有の購買フローに対応したカスタマージャーニーマップ作成を支援しています。ワークショップ形式なので、相互理解を深めながら実行力のある企画立案が可能です。

こんな課題はありませんか?

MAツールの導入を予定しており、営業を巻き込んだプランニングが必要。
ホームページリニューアルを検討しており、関係部署における認識を合わせたい。
マーケティング施策を色々やっているがグシャグシャ…。一度状況の整理をしたい。
事業部間の連携が取れておらず情報も意思疎通もバラバラ…。何とかしたい。
新規事業のマーケティングを行う上で、何から取り組んだらいいかわからない…。

メディックスのカスタマージャーニー
ワークショップサービスが課題を解決します!

特長①:適切なターゲットを選定するための分析シート
ターゲット顧客を策定するための分析シート(事前シート)を提供させていただきます。
バリュープロポジションから事業が置かれている状況を把握し、狙うべきターゲットを策定します。
特長②:「個人」だけでなく「会社」ペルソナも作成
効果的なプロモーションにつながるBtoBのペルソナ作成方法とは?
特長③:複数の購買関係者に対応したカスタマージャーニーマップの作成
複数の関係者が購買に関わるBtoBに対応したカスタマージャーニーマップを作成するため、
独自のフォーマットを活用してワークショップを提供します。

サービスの流れ

サービスの詳細や価格に関しては
下記フォームよりお問い合わせください。

pageTop