ごあいさつ

いま、この時代だからこそ、長いおつきあいを。いま、この時代だからこそ、長いおつきあいを。

メディックスの創業は1984年。バブルの崩壊、失われた10年を経て、欧米式の経済モデルが、どっと日本に押し寄せるのを目の当たりにしてきました。そしていまこの現在も、早急に結果をいそぐ社会のムードが、コツコツと成熟度に磨きをかけていく日本の良きDNAを、どこかに置き去りにしている気がします。

私達が身を置くインターネット広告の世界は、その最たる例と言っていいかもしれません。日進月歩のスピードで、技術もサービスも進化する。昨日開発されたサービスが、明日には世の中に広まり、1年後には古いものとなる。

その波にのまれ、有効な打ち手に悩まれている企業様も、現実には多いのではないでしょうか。

だからこそ、メディックスはご提案します。新しい手法を追い求めるだけではなく、お客様本来の魅力にも、じっくりと磨きをかけていきませんか、と。インターネット上のコミュニケーションも、顔が見えないとはいえ、人と人とのおつきあいです。表面に派手な化粧をほどこしただけでは、ユーザからの固い握手は得られません。「この人は私のことをよくわかってくれている」。そんな体験をユーザが積み重ねていくことで、はじめて信頼感は育まれます。コツコツとコミュニケーションの成熟度を高めていく実直なやり方が、いまこそ必要だと思うのです。

そのために、まずは私達社員の1人ひとりが、お客様のビジネスモデルに対して一家言を持つぐらい、顧客理解に努めます。意見をぶつける自由とやり抜く責任を胸に、お客様と二人三脚で効果を追求していきます。深い理解と、自由と責任の上に立つ、信頼関係。おこがましい話ですが、そんなフェアなパートナーシップのもとにだけ、末長いおつきあいは始まる。その真理は、人と人同様、会社と会社も、同じではないかと思うのです。

いいスタンスで、いい仕事をやり抜くことで、私たちは成長していきます。いま、この時代だからこそ、長いおつきあいを。メディックスならびにメディックス社員一同を、何卒よろしくお願い申しあげます。

pageTop