SEO

コンテンツの品質向上による本質的なSEO

Webサイトへの自然流入を増やす上で、検索結果での上位表示はとても大きな効果につながります。そのためのSEO対策として第一に取り組むべきは、訪問者の欲求に応えられる情報を掲載して、リピートや拡散につながる満足度を獲得すること。次に、検索エンジンにサイトの内容を正しく認識してもらうための適切な仕様を施すことです。メディックスは、コンテンツの内容・仕様が共に高い品質を保つことによる本質的なSEO効果を目指します。

コンテンツの品質向上による本質的なSEO

閲覧者の満足度を向上させることで評価を高めます

キーワード対策とは、訪問者の疑問・課題に真摯に応えること

対策キーワードを多量に取り込むだけでなく、「キーワード対策=訪問者にとって最良の課題解決策の提示」という意識のもと、コンテンツSEOとして機能する構成、原稿を目指します。一般消費財はもちろん、B to Bコミュニケーションに特化した原稿制作も得意としています。

検索エンジンに掲載情報を正しく認識させる仕様

25項目のSEO対策基本ルールを適用してWebサイト構築を行っています。クローリング、インデックス最適化のために、W3Cが推奨する記述法をベースとして、メタタグ整備、Hタグ(見出しタグ)適正化、内部リンク設定、xmlサイトマップの作成など必要な仕様を標準的に施します。

サイト構築時に併せて内部対策を施します

基本的な内部対策はメディックスのWebサイト構築時に併せて実施します。SEO対策基本ルールを基にコーディングスタッフが必要なソース、スクリプトを実装し、ディレクターが実装可否をチェック。パートナーとの協働制作の場合も、同様のルールを共有して構築を進めます。

サイト構築時に併せて内部対策を施します

内部対策はサイト構築費用にインクルード

現代企業のWebサイトとして必要な標準的SEO対策は、Webサイト構築費用にインクルードしています。別途、より高度なSEO対策を必要とする場合、また、多数のキーワード対策を施したWebライティングを必要とする場合は、内容により別途お見積もりとなります。

プラン例

メニュー コーポレートサイトSEO内部施策
仕様 メタタグ整備/Hタグ(見出しタグ)適正化/URL構造最適化 など、標準25項目
制作期間 キックオフミーティングから公開まで約3ヵ月
料金 ※営業担当にご確認ください。
pageTop