ディスプレイ広告

Webプロモーションの主軸となる手法です

ディスプレイ広告は、数ある広告手法の中でも最もスタンダードな広告手法です。膨大な配信量を確保できるケースが多いため、多くの企業でWebプロモーションの主力として活用されています。ディスプレイ広告には様々な配信の仕方があり、近年ではテクノロジーの発達によりターゲティング・運用の高度化も進んでいます。メディックスでは、ディスプレイ広告を「クライアントのWebプロモーションのベース」として長く効果的に活用いただくために、その制作・運用に注力しています。

Webプロモーションの主軸となる手法です

アドネットワーク広告(DSP広告)

YDN・GDNに代表される運用型の広告。膨大な広告配信在庫の中からテクノロジーを活用して自社のターゲットとなるユーザに配信を行います。

純広告

Yahoo! Japanに代表される、特定サイトの特定の場所を指定して、配信を行う広告。
掲載されるサイトや場所が特定されているため、ブランディング観点でプロモーションを行うクライアントに活用されるケースが多いです。

主流は運用型広告
成果のためには、様々な日々の対策が必要です

ディスプレイ広告の中でも、主流はアドネットワーク広告に代表される「運用型」のものです。この広告で効果を上げるには、日々更新される実績データを基に、その時々に合った運用をスピーディーに細かく行っていくことが求められます。
メディックスでは、確かな実績を基に、クライアントごとに合った運用を提案・実践します。

バナークリエイティブの重要性を理解し、それを形にします

テクノロジーによるターゲティングの設定は、プロモーションを成功させる上で非常に大事な要素ですが、メディックスでは、それと同様にバナークリエイティブについても重要視しています。運用型広告はオークションで課金額が決まるメディアも多い中、バナークリエイティブのクリック率を向上させることは、お金をかけることなく広告効果を高めることのできる重要な要素と位置づけています。

「広告効果を上げる」バナークリエイティブをご提案します

ブランディングも意識しつつ、広告効果の向上を目的としたバナークリエイティブをご提案します。

影響力の高いメディアに注力するのがおススメ!

ディスプレイ広告は非常に多くのメディア・メニューが存在します。やみくもにメディアを重ねるよりも、まずは、自社のプロモーションに大きな影響力を与えるメディアから実施をし、自社の運用ノウハウを貯めた上で展開していく進め方を推奨しています。

プラン例

メニュー YDN
掲載先 ・Yahoo! Japan
・ヤフーネットワークサイト 
課金形式 クリック課金 ※オークション形式
料金 ※営業担当にご確認ください。
pageTop