広告・プロモーションイメージ
広告・プロモーションイメージ
広告・プロモーションイメージ

サービス概要

ABOUT

ビジネス課題に即した緻密な設計・運用により、
効果の最大化を支援します

リスティング広告(検索広告)を実施するにあたり、ビジネス目的や課題を明確にすることは非常に重要です。メディックスのアカウントプランナーは、ヒアリングを重ね、それらをきちんと理解した上で、課題にあったリスティング広告(検索広告)を提案します。運用の際は、アカウントプランナーと運用のプロであるスタッフがタッグを組み、初期設計(キーワード選定・原稿制作・アカウント構築)から分析・改善を一貫して実施。これを継続して行うことで、より良い広告効果を生み出すことが可能です。

初期設計(キーワード選定・原稿制作・アカウント構築)から分析・改善を一貫して実施
メディックスのアカウントプランナーは、ヒアリングを重ね、それらをきちんと理解した上で、課題にあったリスティング広告(検索広告)を提案

成功するリスティング広告 3つのポイント

リスティング広告を成功へと導くためには、次の3つのポイントがあります。メディックスでは、これらのポイントを抑えて、クライアントのビジネス課題に即して、的確に提案します。

01.「誰に」アプローチするか?

クライアントのビジネスのターゲットとなるユーザがどんな検索をするかを考え、広告出稿するキーワードを提案します。

クライアントのビジネスのターゲットとなるユーザがどんな検索をするかを考え、広告出稿するキーワードを提案します。

02.「どんなメッセージ」を届け、「どんなコンテンツ」を見せるか?

検索キーワードに含まれるユーザのニーズを想定し、ユーザが欲しているであろう情報を組み込んだり、競合優位性のあるメッセージを、広告クリエイティブに組み込みます。

ユーザの検索キーワードによって、ユーザの確度やニーズは異なります。

ユーザの検索キーワードによって、ユーザの確度やニーズは異なります。例えば、「沖縄旅行 ツアー 早割り」と検索しているユーザには、"ツアー"の用意があることや、"早割り"などの価格優位性があることを訴求としてご提案します。ただし、それ以外にも"サービスの質"や"豊富なラインナップ"など、視点を変えた訴求でのテストも行いながら、費用対効果の最大化を目指します。

03.ロジックに従った運用スキーム

ユーザにアプローチできる量や、お問い合わせなどにつながるコンバージョンレートは、実施する広告手法により異なります。メディックスは、それぞれの広告手法において個別にCPAを設定し、プロモーション全体で目標値を達成できるように、プロモーション計画を提案・運用します。

ロジックに従った運用スキーム

主要取り扱いメニュー

CONTACT US

デジタルマーケティングやインターネット広告について
お困りなら、お気軽にご相談ください。

運用方法・体制

METHOD

設計から運用まで一気通貫で対応します

メディックスには、リスティング広告(検索広告)のプロフェッショナルスタッフが社内に在籍。クライアントに提供したリスティング広告(検索広告)の最適化・最大化するための運用サポートを大切にしています。クライアントの担当プランナーを配置した上で、複数人でのサポート体制を組み、サービスのスピードと品質を保っています。さらに、メディックスは、Yahoo!広告(YSA、YDA)の「審査エクスプレスパス(※)」認定を受けていますので、広告審査にかかる時間を短縮することが可能な、 数少ない広告代理店の1つでもあります。

※「審査エクスプレスパス」とは、Yahoo!Japanおよびパートナーサイトに掲載されるテキスト広告の審査を免除される認定制度です。正規代理店で付与基準を満たした場合にのみ付与されます。

運用費用内で、丁寧なレポーティングも

担当のアカウントプランナーと専門スタッフが、定期的にレポーティングを行います。
設定キーワードや、広告配信条件を何度も見直し、マーケットトレンドを意識した上で、さらに効果を上げるためには、今何をすべきなのか?ポイントを明確にして今後の運用提案をします。

実績・認定資格

AUTHORITY

パートナー実績と認定資格

メディックスでは、成果にこだわり、デジタルマーケティングでの専門性を極めています。その専門性を、多くの機関から認められています。

プラン例

PLAN

メニュー Google広告、Yahoo! 広告
仕 様 初期設計(キーワード選定、原稿作成、アカウント構築)、日々の運用PDCAサイクル、報告方法・頻度※1
運用期間 3ヵ月~
料 金 営業担当に、お問い合わせください。お問い合わせ・ご相談はこちら
※月額30万円未満の場合、こちらをご覧ください。

※1.報告方法・頻度は、ご利用金額により内容が異なります。